受かるための資格勉強法 テキスト活用の3ステップ

スポンサーリンク
勉強法

受かるための資格勉強法 テキスト活用の3ステップ

 

資格取得を考えたとき、テキストを有効活用できるか否かが合否を分けると言っても過言ではないよね。

今回は、テキスト活用法を3ステップで解説します!!

3ステップなんて分かりやすいですね!!

ぜひ、お願い致します。

この記事は、以下のような疑問を抱いたことのある人にうってつけの内容になっています。

・資格の取得に向けて勉強中の方。

・資格勉強を何から初めていいか分からない方。

・資格試験のためにテキストを買ったものの有効活用できていないそこのあなた。

 

実は、資格試験で大切なことは一刻も早く過去問に着手することです。

早期に過去問に取り組むことで以下の2点を明らかにすることができます。

・資格試験の問題の出題傾向
・自分が至らない知識

「出来ない自分の状態」が明らかになるため過去問などへの取り組みに苦手意識を持つ方も多くいることでしょう。

もちろん、過去問にいきなり挑戦して点数が取れるなんてことはまずありえません。

しかし、知識ゼロの状態で過去問に挑み、打ちのめされていたのでは学習意欲すら失いかねません。

そこで、今回は過去問に挑戦する前のテキストを用いた「資格取得への勉強法」についてまとめていきたいと思います。

 

☆今日のポイント
・テキストの内容にざっと目を通す。
・目を通した後、過去問を解いてみる。

・過去問とテキストを照らし合わせる。

 


 

受かるための資格勉強法 テキスト編① テキストを開く

資格の勉強をする際、多くの人がテキストを使うことと思います。

テキストは資格取得の道しるべとなりえるため、重要性はことさらです。

テキストは、おススメされているモノの中から実際に見て自分にしっくりくるものを選ぶことが大事になるでしょう。

そして、テキストを選んだ後は知識をインプットするためにざっと一周するのが効果的です。

テキストで全体像をつかむためにまずは、目次をに目を通しましょう。

目次を読んでどのような順序で構成されているかを把握し、全体を通して読んでいきます。

この時に重要なこととして、細部にこだわり過ぎないということが挙げられます。

テキストは資格試験合格に焦点を当てて作られているため、「出題された問題について書かれてない」という状態を嫌います。

例えば、中間試験などで出題範囲が教科書に限定されていたのに別の参考書からの抜粋があったら、多くのひんしゅくを買うことでしょう。

そのような状態をテキスト作成者も避けたいという訳です。

そのため、テキストには様々な知識が事細かに書かれる傾向にあります。

しかし、まずは全体像を把握することが資格取得のためには重要です。

なので、テキストのどこに要所があるのかざっと見るくらいで良いでしょう。

全体像をつかむと細かい部分を記憶する際にも内容が繋がりやすくなります。

記憶しやすくなるというメリットもあるわけです。

今、学習している内容が全体の中でどのような意味合いがあるのかが分からないと理解が深まらないというわけです。

第1章を10回繰り返しても、第2章に何が書かれているか知らなければ理解は深まっていきません。

資格試験の勉強に限ったことではありませんが、全体像をとらえてそれぞれを深掘りするのが勉強の基本です。

太字になっているところだけ読むくらいの感覚で進めていきましょう。

ここで大事なのは、全く知らない資格の知識に対して地図を広げるような感覚を持つことです。

 

☆ポイント
・知識をインプットするためにテキストをざっと一周する
・テキストで全体像をつかむために、目次をに目を通す
・全体像をつかむと細かい部分を記憶する際にも内容が繋がりやすくなる。

 

 

まずは、「広く浅く」という考え方で取り組むのが大切です。

完璧を目指しすぎてはいけないということですね!!


 

受かるための資格勉強法 テキスト編② 過去問を解いてみる

インプットした情報が風化してしまわないうちに過去問に着手してみましょう。

なるべく早い段階で、解くことで覚えた内容を確固たるものにすることができます。

もちろんまだ解けない箇所が多くあるのは明白です。

出来ない問題が多くあることで、合格までの道のりの長さを再確認してください。

解けない状態にあっても、むしろ高い壁に挑んでいるという自分を称賛してあげてください。

また、完璧に思い出せなくともテキストのどこらへんに書いてあったか想像できるだけでも自分の進捗が分かるはずです。

 

☆ポイント
・インプット後は、なるべく早く過去問を解いてみる。

 

 

この段階では、解けずにやきもきするでしょう。

しかし、それも学習には欠かせません。

この段階で、心が折れて挫折する人が多い気がします


受かるための資格勉強法 テキスト編③ 過去問比較

次に、自分が学んだテキストを見ながら解いてみましょう。

すると、テキストをどういうふうに学べばいいのか、テキストのどこから出題されているのかというのが明らかになるはずです。

どの世界においても、現場や実践を通して身につく知識があります。

しかし、試験によっては全く見たことのなような問題が出ることさえあるのです。

テキストと見比べることで、どうしようもない問題がどのようなものか分かるでしょう。

もし、そんな難問に出くわした場合、そこに時間をかけるのはとてももったいないです。

効率的に進めるためにもテキストと過去問を見比べるのが必須と言えるでしょう。

 

☆ポイント
・試験によっては全く見たことのなような問題が出ることがある。

・解けない箇所が多くあっても、気を落とす必要はない。
・効率的に学習を進めるためにもテキストと過去問を見比べるのは必須である。

 

 

出来る出来ないを繰り返しながら、少しずつ前進することが資格取得の学習では重要です。

自分の進捗を確認するためにも、過去問を解くのは大切と言えますね。


 

最後に、本日のポイントを振り替えて本記事を締めくくりたいと思います。

☆今日のポイント
・テキストの内容にざっと目を通す。
・目を通した後、過去問を解いてみる。

・過去問とテキストを照らし合わせる。

参考文献

https://www.youtube.com/watch?v=CHPQ53yv9Wk&list=PLR-Osv_5fxEGHQ1Ua7B_oJ_s_2QLpam7T&index=48
https://www.youtube.com/watch?v=iHr0U3_3z6k&list=WL&index=1&t=1s
https://www.youtube.com/watch?v=HbgC88LU0xY&t=9s
https://www.youtube.com/watch?v=O7tfXwBkcxk&list=PLR-Osv_5fxEGHQ1Ua7B_oJ_s_2QLpam7T&index=50

コメント

タイトルとURLをコピーしました