【徹底解説】デメリットだらけの完璧主義から抜け出す方法

スポンサーリンク
勉強法

【徹底解説】デメリットだらけの完璧主義から抜け出す方法

 

・自分は「完璧主義」なのではないかと疑問を持ったことがある方。
・完璧主義を克服したいと思っている方。
・完璧主義の考え方から逃れ幸せをつかみたいと思っている方。

 

この記事は、そんな疑問を抱いたことのある人のために書いています。

今日のポイント
・完璧主義の割合は年々増加傾向にあり、年齢を重ねるに連れて悪影響をもたらす。
・完璧主義を止めるためには、「完璧だから成功するわけではない」と認識する必要がある。
・「完璧より完了を目指す」ことで完璧主義から抜け出せる。

 

こんにちは!!

教育系ブロガーのY&Aです。

元塾講師の知見を活かして本ブログでは、数ある勉強法や手法・幸福度について記事を書き進めていきます。

今回のテーマは、「完璧主義からの脱却」です。

 


 

デメリットだらけの完璧主義

残念ながら、完璧主義の人間が完璧に至ることはありえません。

さらに、完璧主義は、年齢を重ねるに連れて私達の生活により大きな害をもたらすという研究結果もあるほどなので一刻も早く完璧主義の考え方からは抜け出す必要があると言えるでしょう。

バス大学が1989年~2016年にかけてアメリカやイギリスの大学生41601人を対象に完璧主義についての調査を行いました。

調査結果からは、完璧主義の割合は年々増加傾向にあることが明らかになりました。

では、完璧主義の何がいけないのでしょうか。

完璧主義になると、失敗を極端に恐れるようになります。

また、挑戦して失敗した時のストレスも大きくなるでしょう。

その結果、ちょっとした失敗ですぐ落ち込むようになったり、挑戦や努力自体をしなくなるようになってしまいます。

完璧主義でい続けると、完璧主義じゃない人と比べ挑戦や努力の量が比例して開いていくことにもなります。

生じた差が、成功を掴めるか否かの度合いの差といっても過言ではないでしょう。

また、完璧主義者は不安や嫉妬、怒りなどの負の感情に襲われやすくなってメンタルが弱くなってしまうことも研究から分かっています。

成功とメンタルには大きな関係があります。

そして、メンタルが強い人ほど成功をつかみやすいと言われています。

つまり、完璧主義を目指すほどに私達は成功から遠のいていくわけです。

さらに、完璧主義の人ほど無計画になる傾向があることも分かっています。

完璧主義は、前述したとおりネガティブな感情にさいなまされやすくなります。

ネガティブな感情が災いし、向こう見ずな行動を取ったり、自分を不利な立場に追いやってしまったりということは世の中でも多く知られているのではないでしょうか(薬物中毒や自殺)。

「完璧主義者」は完璧という単語が使われているために良さそうな感じがしますが、実際はネガティブな状態にしかならないのです。

成功研究などでは完璧主義の人は年齢を重ねる程に人生における失敗も増えていくということが分かっています。

☆ポイント
・完璧主義の割合は年々増加傾向にあり、年齢を重ねるに連れて悪影響をもたらす。
・完璧主義者は不安や嫉妬、怒りなどの負の感情に襲われやすくなってメンタルが弱くなってしまう。
・「完璧」という単語が使われているため、「完璧主義者」は良いものと捉えられがちだが、実際はネガティブな状態にしかならない。

 

知らぬ間に完璧主義に陥っているということも往々にしてありそうですね。

悪い癖はなかなか抜けないものだから、習慣となってしまったら人生にとってもデメリットが大きいと言えるね。

 


 

3つもある完璧主義のパターン

・自己中な完璧主義

このパターンの特徴は、「自分は完璧でいなければいなきゃいけないんだ」と思うことにあります。

自分の内面の部分から湧き上がる完璧主義と言えるでしょう。

「自己中な完璧主義」の人は、ナルシストになりがちな傾向にもあるようです。

ナルシストであること自体は問題ないと思いますが、その影響で思い上がることがないようにしましょう。

・社会既定の完璧主義

このパターンの特徴は、他人が要求するレベルに合わせて行動するということです。

誰しもがプロはこうあるべきだとか、政治家はこうあるべきという考えを持っていることでしょう。

そして、私達は無意識のうちに他人や社会の要求する基準にあわせて行動してしまっている側面があります。

責任が生じると、「社会既定の完璧主義」に捉われやすくなると筆者は考えています。

『お姉さんだから…』、『お父さんだから…』というのは代表例と言えるのではないでしょうか。

周りの要求に対して自分を評価してしまい、潰れていくというのがこのパターンのようです。

責任感が大きいのは、大変立派なことですが、あまり自分を責め過ぎないようにしましょう。

・他者思考の完璧主義

このパターンの特徴は、他人に完璧主義を求めるということにあります。

ある意味このパターンが一番厄介とも言えます。

他人にありえないくらいの要求を求めてくるクレーマーなんかがこのパターンです。

完璧主義が増えている理由

現代は、どの完璧主義も増加傾向にあります。

特に、「社会既定の完璧主義」の増加は大きいようです。

SNSの発達によって簡単に他人と比較できるようになったことも一因にあります。

自分たちがイメージする状態にないから他者を叩き自分のことは棚に上げ攻撃する人が増加しているのです。

他人を悪く言う人の心理としては、自分は相手を批評している側だから叩かれていないと考える傾向にあるようです。

また、自分が非難の対象にならないように『失敗しないぞ、悪目立ちしないぞ』と完璧主義に陥る人も増えたように思います。

SNSの発達の弊害ともいえるのかも知れません。

自分が完璧主義に陥っていないか、今一度考えて見ましょう。

☆ポイント
・完璧主義は、「自己中」「社会既定」「他者思考」の三パターンに分類される。
・現代は、いずれの完璧主義も増加傾向にある。
・特に、「社会既定」の完璧主義の増加が大きく、SNSの発達の弊害ともいえる。

 

便利なSNSですが、完璧主義にもつながっているという事実に驚きました。

特に、芸能界で働く方や、注目度の高い人は完璧主義に陥りやすいと言えるだろうね。

エゴサーチなんかも完璧主義の弊害と言えると思うよ。。


 

完璧主義をやめる方法

・完璧だから成功するわけではないと認識すること

100点を目指すのが必ずしも正しいという風潮がありますが、けっしてそういうわけではありません。

テストでも、0点のモノを80点にするのは出来るかも知れませんが、80点のモノを100点に伸ばすのはとても難易度が高いことです。

実は、ほとんどの事柄は100%を目指すほど品質にこだわる必要はありません。

100%のモノを時間をかけて週に一つ作るよりも、80%のモノを早く多く作り出す方が成果が上がるということは往々にしてあります。

例えば、日本で一番売れているハンバーガーはマックのハンバーガーで日本で一番売れているラーメンは日清のカップヌードルです。

しかし、誰もが「売れている=一番美味しいもの」でないことは知っているはずです。

ハンバーガーのように100%のモノじゃなくても成功する事例はたくさんあります。

むしろ、ほどほどのクオリティだからこそ成功する事例の方が多いと言えるのではないでしょうか。

もちろん、クリエイター(映画監督、小説家、芸術家)などのように高いクォリティを求められて量よりも質を重視する職もあります。

しかし、特集な例を除けば、ほとんどの作業は完璧主義を目指さない方が上手くいくケースが多いです。

完璧より速さが大事という場面は日常にも溢れています。

日常に制限時間を設けて行動してみましょう

・完璧より完了を目指す

Facebookのマークザッカ―バーグ氏も『Done is better than perfect』(完了は完璧よりも優れている)と述べています。

完璧に仕上げようという思いを強く持ってしまうと、作業に着手するまでのハードルは一気に高くなってしまいます。

いきなり何でもできてしまったら、それこそ超人です。

私達は多くの失敗を積み重ね、成功へ進んでいくという事実を忘れずに覚えておきましょう。

私達が目指すのは、完璧でなくとも良いのです。

では、何を目指したらよいのでしょうか。

答えは、「完了」です。

実際にやってみて終わらせることをまずは目標にするべきなのです。

完璧を目指して進めるよりまずは終わらせてその後、改良を重ねていく手法の方が結果的に早く終わりますし、質の高いものを仕上げられることが多いです(筆者が学生の時は、同じ手法で上手くいったことが多かった)。

スマホアプリなどでは、アプリがリリースされる前にβ版というものがリリースされます。

β版とは、正式にリリースされる前にユーザーに試用してもらうためのサンプルのソフトウェアです。

アプリ開発においても、多くの人に試用してもらうことで多くの意見を汲み上げて完成度を高めていくという手法が用いられているのです。

最初から完成版を作り上げる必要はありません。

完璧を求めると際限がなく、青天井になってしまいちゃくしゅすることも、終わらせることも困難になってしまうでしょう。

また、どんな満足のいく結果に辿りついたとしても粗を探してしまうのではないでしょうか。

完璧を目指すと、いつまでも成功には届きません。

まずは、動き出すことを目標にしてみましょう。

☆ポイント
・完璧主義を止めるためには、「完璧だから成功するわけではない」と認識する必要がある。
・「完璧より完了を目指す」ことで完璧主義から抜け出せる。
・完璧を目指すと、いつまでも成功に届かないので、まずやってみることが重要。

 

小さく完了を目指す手法が「完璧主義」を克服する方法と言えそうですね。

小さいことでも、完了するごとに達成感があるから幸福度も高まりやすそうだよね。

結果的にプラスになる考え方だから忘れずにいて欲しいな。

改めて今日のポイントをおさらいしてこの記事を締めくくりたいと思います。

以下のことを忘れずに生活をより十事実させてみてください。

☆今日のポイント
・完璧主義の割合は年々増加傾向にあり、年齢を重ねるに連れて悪影響をもたらす。
・完璧主義を止めるためには、「完璧だから成功するわけではない」と認識する必要がある。
・「完璧より完了を目指す」ことで完璧主義から抜け出せる。

 

参考文献

https://www.youtube.com/watch?v=rQFZXfUWBmU&list=PLR-Osv_5fxEGHQ1Ua7B_oJ_s_2QLpam7T&index=3&t=16s

https://www.youtube.com/watch?v=ssRqEfQ2rRU&t=670s

コメント

タイトルとURLをコピーしました